18年秋冬コレクション

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン 18年秋冬コレクション、カナダグースなどコラボ多数

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)の2018-19年秋冬コレクションが、2018年1月19日(金)にフランス・パリで発表された。

コラボレーションが目白押しの今季。シューズはニューバランス(New Balance)、アウターは初登場のカナダグース (CANADA GOOSE)をはじめ、前シーズンから引き続きとなるザ・ノース・フェイス (THE NORTH FACE)、カーハート(CARHARTT)、カリマー(karrimor)といったブランドとのタッグによるものだ。各ブランドの個性を取り入れた高機能アウターを揃えた。

ディテールのポイントとなるリフレクターは、アウターの胸元やバックスタイル、トラックパンツのサイドライン、ダブルニーの膝部分の切り替えなどで見られる。そして、このインダストリアルなディテールとは対照的に、ノルディック柄やタータンチェックといったフォークロアなムードも提案している。また、この2つのエッセンスが交わる場面も見られ、ダッフルやチェスターなどの温かみのあるなめらかなウールコートでさえ、光るアクセントが添えられているのだ。

ランウェイの上で観衆に驚きを与えたのは、コラボレーションによる多様性だけではない。バッグなどは超が付くほど機能的で、ショルダーバッグがツイードジャケットに変形するという演出も今回の目玉のひとつとなった。さらに、前回から引き続きザ・ノース・フェイスやカリマーのバックパック機能が付属したアウターも、もちろん登場している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です